本文へ移動

大崎市の農泊体験

大崎市の農泊について

(一社)みやぎ大崎観光公社では、民家に泊まりながら各家庭で農業や自然体験、文化体験ができる農泊を提供しています。
大崎に滞在し地元の人々と語らうことで、この地域の農業や里山の大切さが学べます。ご希望によって旅館・ホテル等宿泊施設に滞在することも可能です。
 
※平成30年現在は教育旅行受入のみを行っております。体験型教育旅行ページと併せてご覧ください。
 
農家民宿

プログラムの流れ

入村式【対面式】

各民家へ移動(民家自家用車)

夕食準備~就寝(~22:00)

起床/朝食(~8:30)

各家庭/地区で農作業・自然体験など(2~3時間)

退村式【解散式】(~11:30)

プログラム情報

実施期間/通年
所要時間/1泊2日(2泊目以降は旅館・ホテルまたはペンション泊を基本。民泊2泊希望は要相談)
対象/教育旅行(中学校・高等学校)
受入れ可能人数/10人~120人程度(今後、引受人数を増やします)
実施場所/大崎市内*
体験内容/農作業体験、文化体験などご相談ください
 
*(東西80㎞と長い地域です。民家への巡回希望がございましたら事前にお知らせください。)

おすすめポイント

~大崎市は世界農業遺産認定地域です~
・ササニシキのふるさと(大崎耕土)
・ラムサール条約登録地(化女沼、蕪栗沼)
世界農業遺産のなかで農業体験や自然学習・生物観察ができます。
・歴史と文化の街(松山・岩出山)で文化体験
・湯治文化が残る(鳴子温泉郷)で温泉文化体験
・夏は(三本木ひまわりの丘)で自然体験
ほか、野菜や果物収穫、アクティビティを通して大崎を体験することもできます。
 
都会の生活では感じられない時間の流れや自然の豊かさ、そして食物をいただくことへの感謝の念を思い出させてくれる体験を提供します。

組み合わせ案内

農家民泊
旅館・ホテル
ペンション
右記プログラムとの組み合わせがオススメです
 
 
 
 
 
田植え
野菜・果物収穫
ずんだ餅作り
鳴子こけしの絵付け

参加者の声(引受民家へ学生からの手紙より抜粋)

修学旅行で初めて東北に来ました。普通のお宅に泊るのは緊張しましたが、夜ご飯に美味しい料理を食べながら話をして緊張がほぐれました。夜に街灯のない田んぼみちに散歩に行き、大阪では体験したことのない”真っ暗”が怖くなって、急いで戻ったのがいい思い出です。農業体験ではおばあちゃんの畑で初めて玉ねぎの収穫をしました。同じ家に泊まった友達と3人で汗をかきながら収穫しましたが、おばあちゃんはいつも1人で作業していると聞いて驚きました。(大阪府・高校2年生・男子)
2018年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
TOPへ戻る