本文へ移動

竹工芸館

大崎市岩出山の“しの竹細工”の始まりは
享保年間(1720年頃)岩出山城第4代城主伊達村泰公が
京都より職人を呼び藩士の副業として
奨励したのが始まりと言われており、
以来300年以上の伝統を受継いでいます。
岩出山の“しの竹細工”の大きな特徴は竹の皮だけを使い、
表皮を内側にして編むことで指先に優しく水切れを良くするなど
機能的に優れており、日用品として広く愛用されてきました。
館内では竹細工職人による竹細工体験(要予約)や
実演の見学ができるほか、
竹製品やインテリアとしての作品も展示されており、
竹の魅力を身近に感じられる空間となっています。
 
また、宮城県の伝統的工芸品に指定されている
岩出山の「しの竹細工」も時代の進展とともに、
ガラス・陶器などと組み合わせた作品、
オブジェ・インテリアなども展示しており、
竹の魅力を身近に感じることができます。
伊達政宗公が岩出山を出発し上洛した時に、
京都の人の心を捉えたと云われる、
伊達軍の豪華絢爛ないでたち。
それを再現した「政宗公まつり」で
騎馬武者隊が実際に着用する鎧を特別に着用できるチャンスが!
戦国気分で、政宗公の築いた城下町・岩出山を楽しめます。

アクセス

住所
大崎市岩出山字ニノ構115番地
TEL
0229-73-1850
営業時間
9:00‐17:00
定休日
水曜日、年末年始
料金
入館料:無料
 
【体験メニュー】
竹とんぼ 300円
一輪挿し 2,000円
フォトフレーム 2,000円
花器 2,500円
目かご 2,500円
最寄駅
JR岩出山駅
最寄駅からのアクセス
徒歩約10分、車で約5分
駐車場
あり
備考
体験メニューはご希望日の
一週間前までにご予約をお願いいたします。
2019年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
TOPへ戻る